○西伊豆町高等学校等通学費助成金交付要綱

平成30年3月30日

要綱第19号

(趣旨)

第1条 この要綱は、高等学校等(学校教育法(昭和22年法律第26号。以下「法」という。)第1条に定める高等学校、特別支援学校(高等部に限る)、高等専門学校及び法第124条に定める専修学校の高等課程をいう。以下同じ。)に通学する生徒の保護者等に対し、通学費の一部を助成することにより、子どもの教育にかかる経済的な負担を軽減するため、予算の範囲内で支給することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「保護者等」とは、法第16条に規定する保護者及びその保護者に相当する者として町長が認める者をいう。

2 この要綱において「定期券」とは、通学に要する公共交通機関の1月以上の往復定期券のことをいう。

3 この要綱において「通学費」とは、定期券の購入費用のことをいう。

(交付対象者)

第3条 助成金の交付を受けることができる者は、高等学校等に通学する生徒の保護者等で、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 対象となる生徒も含めて町内に住所を有すること。

(2) 町税等の滞納がないこと。

(3) 水道料金、温泉使用料、公営住宅使用料、学校給食費等の滞納がないこと。

(4) 対象となる通学費に対する他の機関、制度等による補助、援助を受けていないこと。

(助成金の額)

第4条 町長は、次に定める額を助成金として支給する。

(1) 静岡県立松崎高等学校(以下「松崎高校」という。)に通学する者については、通学費から1月当り3,000円を差し引いた額の3分の1に相当する金額とする。

(2) 松崎高校以外の高等学校等に通学する者については、通学費から1月当り3,000円を差し引いた額の4分の1に相当する金額とする。

(交付の期間)

第5条 助成金を支給する期間は、通学する高等学校等における正規の修業期間とし、3年を限度とする。

(交付の申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、高等学校等通学費助成金交付申請書(様式第1号)次の各号に定める書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 対象となる生徒の在学を証明する書類

(2) 定期券の写し

(3) その他町長が必要と認める書類

(交付の申請の時期)

第7条 前条の申請書の提出は年2回とし、次の各号に掲げるところによる。

(1) 4月から9月までの通学費に係る助成金交付申請 10月10日まで

(2) 10月から3月までの通学費に係る助成金交付申請 3月10日まで

2 前項の規定にかかわらず、申請者の申出により、通学費に係る助成金の交付申請を3月10日までに一括で申請することができるものとする。

(交付の決定)

第8条 町長は、第6条の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当であると認めたときは、高等学校等通学費助成金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(助成金の請求)

第9条 助成金の交付の決定を受けた者が助成金の交付を受けようとするときは、高等学校等通学費助成金交付請求書(様式第3号)により、町長に請求するものとする。

(交付決定の取消し)

第10条 町長は、第8条の規定による交付の決定を受けた者又は対象となる生徒が、次の各号のいずれかに該当すると認める場合は、交付の決定を取り消すものとする。

(1) 町内に住所を有しなくなったとき。

(2) 偽りその他不正の手段により助成金の支給を受けたとき。

(3) 退学したとき。

(4) その他助成金を返還させる必要があると認めるとき。

2 前項の規定により支給の決定を取り消された者は、既に助成金が支給されているときは、当該助成金の全部又は一部を返還しなければならない。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか助成金の支給に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

西伊豆町高等学校等通学費助成金交付要綱

平成30年3月30日 要綱第19号

(平成30年4月1日施行)