○西伊豆町ふるさと納税記念品贈呈事業実施要綱

平成26年9月24日

要綱第13号

(目的)

第1条 この要綱は、地方税法第37条の2及び第314条の7の規定に基づく寄附金(以下「ふるさと納税」という。)の推進を図るとともに、町内産業の活性化に寄与することを目的として、西伊豆町へ寄附を行った個人又は法人等(以下「寄附者」という。)に対して記念品を贈呈する、西伊豆町ふるさと納税記念品贈呈事業(以下「事業」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(記念品の贈呈)

第2条 町長は、1回当たりの寄附金額が5千円以上の寄附者に対し、記念品を贈呈するものとする。ただし、寄附者が記念品の贈呈を希望しない場合は、この限りでない。

2 同年度内において、同一の寄附者から寄附があった場合に対する記念品の贈呈については、前項と同様の扱いとする。

3 記念品は次に掲げるものとする。

(1) 第3条第3項の規定により町長が認定をした商品、権利又はサービス(以下「特産品等」という。)

(2) 第3条第5項の規定により町長が認定した事業者(以下「宿泊等認定事業者」という。)が町内に所在する施設等において提供する宿泊等のサービスへの対価として利用することができる町が発行した券(様式第1号。以下「感謝券」という。)

4 寄附者は、贈呈される記念品を寄附金額に応じて選択することができる。この場合において、相当金額の範囲内で記念品を複数選択することも可能とする。

5 特産品等の贈呈は、町からの依頼により当該特産品等の認定を受けた事業者(以下「特産品等認定事業者」という。)が当該特産品等を寄附者に送付することにより行うものとし、感謝券の贈呈は、町が寄附者へ送付することにより行うものとする。この場合において、当該特産品等の送付に要する費用は、送付者が負担するものとする。

6 特産品等が権利又はサービスの提供を行うものについては、特産品等認定事業者が寄附者へその権利又はサービスの提供を行ったことで特産品等を送付したものとみなす。

7 寄附金額における特産品等の相当金額及び特産品等認定事業者への支払額は、別表のとおりとする。

8 感謝券の額は、寄附者の寄附金額を2で除して得た額とする。ただし、当該額に千円未満の端数が生ずる場合は、これを切り捨てた後の額とする。

(認定)

第3条 特産品等認定事業者及び宿泊等認定事業者を申請する事業者は、次の各号のいずれにも該当する事業者とする。

(1) 西伊豆町内に本店又は支店若しくは事業拠点を有するもの

(2) 町税の滞納がないもの

2 特産品等の認定を受けようとする事業者(以下「特産品等申請者」という。)は、西伊豆町ふるさと納税贈呈特産品等申請書(様式第2号)により、町長へ申請をするものとする。

3 町長は、前項の規定による申請があった場合において、その内容を精査し、特産品等として適当であると認めたときは、西伊豆町ふるさと納税贈呈特産品等認定承認書(様式第3号)を特産品等申請者へ通知するものとする。

4 宿泊等認定事業者の認定を受けようとする事業者(以下「宿泊等申請者」という。)は、西伊豆町ふるさと納税感謝券宿泊等認定事業者申請書(様式第4号)により、町長へ申請をするものとする。

5 町長は、前項の規定による申請があった場合において、その内容を精査し、宿泊等認定事業者として適当であると認めたときは、西伊豆町ふるさと納税感謝券宿泊等認定事業者認定承認書(様式第5号)を宿泊等申請者へ通知するものとする。

(認定内容の変更等)

第4条 特産品等認定事業者は、認定された特産品等の内容を変更する場合は、西伊豆町ふるさと納税贈呈特産品等内容変更申請書(様式第6号)により、町長へ申請をするものとする。

2 町長は、前項の規定による申請があった場合において、その内容を精査し、変更内容が適当であると認めたときは、西伊豆町ふるさと納税贈呈特産品等内容変更承認書(様式第7号)を特産品等認定事業者へ通知するものとする。

3 特産品等認定事業者は、特産品等の認定を辞退する場合は、西伊豆町ふるさと納税贈呈特産品等認定辞退届出書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。

4 前項の規定は、宿泊等認定事業者の認定辞退について準用する。この場合において、前項中「特産品等認定事業者」とあるのは「宿泊等認定事業者」と、「特産品等の認定」とあるのは「宿泊等認定事業者の認定」と、「西伊豆町ふるさと納税贈呈特産品等認定辞退届出書」とあるのは「西伊豆町ふるさと納税感謝券宿泊等認定事業者認定辞退届出書」と読み替えるものとする。

(認定の取り消し)

第5条 町長は、認定した特産品等又は宿泊等認定事業所が第3条第1項の規定に該当しなくなった場合又は事業にふさわしくないと認められる場合は、その認定を取り消すことができる。

(特産品等の請求手続き)

第6条 特産品等を送付した特産品等認定事業者は、毎月15日又は月末までの送付実績を集計し、特産品等を送付したことを証明する書類等を添付のうえ、速やかに町長に請求するものとする。

2 町長は、前項の規定による請求があったときは、請求額と送付依頼実績及び送付を証明する書類等を確認し、相違のないときは、速やかに指定する口座へ請求額を支払うものとする。

(感謝券の請求手続き)

第7条 サービスの代価として感謝券を受領した宿泊等認定事業者は、毎月15日又は月末までの感謝券を集計し、感謝券を添付のうえ、速やかに町長に請求するものとする。

2 町長は、前項の規定による請求があったときは、請求額と感謝券の額を確認し、相違のないときは、速やかに指定する口座へ請求額を支払うものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成27年3月26日要綱第5号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

寄附金額

特産品等の相当金額

特産品等認定事業者への支払額

5,000円

(5,000円以上10,000円未満)

2,500円相当のもの

2,500円

10,000円

(10,000円以上20,000円未満)

5,000円相当のもの

5,000円

20,000円

(20,000円以上30,000円未満)

10,000円相当のもの

10,000円

30,000円

(30,000円以上50,000円未満)

15,000円相当のもの

15,000円

50,000円

(50,000円以上100,000円未満)

25,000円相当のもの

25,000円

100,000円

(100,000円以上200,000円未満)

40,000円相当のもの

40,000円

200,000円

(200,000円以上300,000円未満)

60,000円相当のもの

60,000円

300,000円

(300,000円以上500,000円未満)

90,000円相当のもの

90,000円

500,000円

(500,000円以上1,000,000円未満)

150,000円相当のもの

150,000円

1,000,000円

(1,000,000円以上)

300,000円相当のもの

300,000円

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

西伊豆町ふるさと納税記念品贈呈事業実施要綱

平成26年9月24日 要綱第13号

(平成27年3月26日施行)