○西伊豆町役場出張所処務規則

平成17年4月1日

規則第4号

(職員)

第1条 西伊豆町役場支所及び出張所設置条例(平成17年西伊豆町条例第7号)第2条に規定する出張所に出張所長その他必要な職員を置く。

(服務)

第2条 出張所長は、町長の命令を受けて所務を掌理し、所員を指揮監督する。

2 町長は、前項の権限を窓口税務課長に委任するものとする。

3 出張所長に事故があるときは、上席の所員がその職務を代理する。

(事務分掌)

第3条 出張所で取扱う事務は、次のとおりとする。

(1) 窓口事務に関する事項

(2) 船員法事務に関する事(安良里出張所に限る。)

(3) 可視の閲覧に関する事項

(4) 使用料、手数料等の徴収に関する事項

(5) その他町長の指示する事項

2 出張所長は、前項各号に掲げる事務について代理決裁することができる。ただし、報告を要すべき事項は、直ちにその報告書を本庁に送付しなければならない。

(文書整理)

第4条 本庁から送達又は配布を要する文書等を受けたときは、速やかに名あて人に送達しなければならない。

2 本庁から掲示すべき文書の送達があったときは、直ちに(掲示期間の指定あるものについてはその掲示期間中)掲示しなければならない。

(本庁との連絡)

第5条 本庁への文書の連絡は、急を要するものを除くほか、翌日の午前9時30分までに送達するものとする。

(服務日誌)

第6条 出張所長は、毎日日誌に事件及び所務の概要を記録して10日ごとに窓口税務課長の検閲を受けなければならない。

(当直)

第7条 田子出張所の当直員は1人あてとし、町長が定める職員が輪番で服務するものとする。ただし、災害その他必要あると認めるときは増員する。

(内規の制定)

第8条 出張所長は、支所の処務について町長の承認を得て、内規を設けることができる。

(専決)

第9条 出張所長限りで専決できる事項は、次のとおりとする。

出張所長専決事項

(1) 所員の町内出張に関すること。

(2) 軽易な事項に関する届出の受理及び処理に関すること。

(3) 所員の事務分担に関すること。

(4) 重要でない定例の申請、証明、届出、調査、照会、回答及び通知に関すること。

(5) 公簿又は図書の閲覧に関すること。

(6) 書類の提出又は回答の督促に関すること。

(7) その他定例に属する事項で重要でないものに関すること。

(8) 各種台帳の調製及び備付けに関すること。

(9) 既決1件5万円以内の支出命令及び1件10万円以内の収入命令に関すること。

(10) 1件3万円以内の執行命令に関すること。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規則第11号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

西伊豆町役場出張所処務規則

平成17年4月1日 規則第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成17年4月1日 規則第4号
平成19年3月27日 規則第11号