平成21年10月支給分の年金から町民税(県民税)の引き落としが始まっています。

対象者

対象となるのは、「4月1日現在、65歳以上の年金受給者で、前年中の年金所得に係る町民税(県民税)の納税義務のある方」です。

ただし、次の方は対象となりません。

  • 介護保険料が年金から引き落としされていない方
  • 引き落とされる住民税額が老齢基礎年金等の額を超える方 など

町民税(県民税)の年金からの引き落としの仕組み

対象者となる年金とは・・・

老齢基礎年金または昭和60年以前の制度による老齢年金、退職年金等を言います。障害年金及び遺族年金などの非課税の年金からは、町民税(県民税)の引き落としはされません。

引き落としされる町民税(県民税)額は・・・

引き落としされるのは、年金所得の金額から計算した町民税(県民税)額のみです。給与所得や事業所得などの金額から計算した町民税(県民税)額は、これまでどおり給与からの引き落とし、または納付書で納めていただくことになります。

引き落としが中止となる場合は・・・

引き落とし開始後、町外への転出、税額の変更、年金の支給停止などが発生した場合は、引き落としが中止となり、普通徴収(納付書により役場や金融機関などで納める方法)により納めていただくことになります。

特別徴収を開始する年度における徴収(税額6万円の場合)

納付書等で納付(普通徴収)
4月
税額:-
算出方法:-
6月
税額:1万5千円
算出方法:4分の1
8月
税額:1万5千円
算出方法:4分の1
年金から引き落とし(特別徴収)
10月
税額:1万円
算出方法:6分の1
12月
税額:1万円
算出方法:6分の1
2月
税額:1万円
算出方法:6分の1

翌年度の特別徴収(税額6万3千円の場合)

年金から引き落とし(特別徴収)
4月
税額:1万円
算出方法:前年度2月と同じ額
6月
税額:1万円
算出方法:前年度2月と同じ額
8月
税額:1万円
算出方法:前年度2月と同じ額
10月
税額:1万1千円
算出方法:年税額の残りの3分の1ずつ
12月
税額:1万1千円
算出方法:年税額の残りの3分の1ずつ
2月
税額:1万1千円
算出方法:年税額の残りの3分の1ずつ

※給与所得や不動産所得、事業所得などの金額から計算した町民税(県民税)は、これまでとおり、給与から引き落とし又は納付書(口座振替)で納めていただきます。また、これに伴い、年金所得から計算した町民税(県民税)は、給与からの引き落としができなくなります。

このページに関するお問い合わせ

窓口税務課
[昼間]電話:0558-52-1112(窓口) 0558-52-1113(税務)
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:madozei@town.nishiizu.shizuoka.jp