健全化判断比率とは、自治体の財政の健全性を判断する4つの指標のことで、連結決算の考えを導入し、自治体の赤字や借金の重さを見ることができます。

この指標が基準以上になった場合、健全化に向けた取り組みが義務付けられます。

西伊豆町では、基準を下回っています。

健全化判断比率の4指標

実質赤字比率
主に一般会計の赤字の指標、比率が高いほど赤字の解消が難しい。
連結実質赤字比率
特別会計、企業会計なども含めた全会計の赤字の指標、比率が高いほど赤字の解消が難しい。
実質公債費比率
年間の借金返済額の指標、比率が高いほど財政の弾力化が低下する。
将来負担比率
借金残高や将来支払う可能性のある負担の指標、比率が高いほど財政運営に問題が生じる可能性が高くなる。

このページに関するお問い合わせ

総務課
[昼間]電話:0558-52-1111(直通)
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:soumu@town.nishiizu.shizuoka.jp