医薬分業とは

医薬分業とは、病院や診療所では患者さんに直接薬を渡す代わりに、薬の名前や使用方法を書いた処方箋を渡し、患者さんはそれを薬局に持っていって、薬剤師に調剤してもらい、薬を受け取る方法です。

なぜ、医薬分業の必要があるのですか?

高齢化が進み、高血圧や糖尿病などの慢性疾患を持つ人が増えている現代。
長期服薬の増加、複数の医療機関のかけもち受診による薬の重複投与(成分が同じ薬の投与)や相互作用(薬の飲み合わせ)などから患者さんを守り、安全に薬を使用してもらうことが必要になってきます。
そこで、医薬分業は、医師と薬剤師による薬の二重チェックを行い、薬の安全性や有効性を高めようとする制度です。

かかりつけ薬局はなぜ必要ですか?

薬局では、処方箋の調剤をする時、薬歴簿(患者さんの薬の使用状況や体質などを記録したもの)を見ながら行います。 自分のかかりつけ薬局を一つ決めておけば、同じ作用の薬が重複していないか、飲みあわせの悪い薬がないか、体質に合わない薬はないかなどをチェックしてもらえます。

しかし、複数の医療機関にかかれば、ついでだし近いからなどの理由で、その都度かかった医療機関の近くの薬局に行くのは、人間の心理として仕方ないことかもしれません。
ですから、まずはかかりつけのお医者さんを一人決めて、かかりつけの薬局も決めることをお勧めしたいのです。あちこちの医療機関と薬局にかかって、自分はどこが悪くてどんな薬を飲んでいるのか分からないのでは、決して適切な治療ができているとは言えないのではないでしょうか。

というわけで・・・
かかりつけのお医者さんと薬局を決めて、自分の健康管理に役立てましょう!!

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課
[昼間]電話:0558-52-1116
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:kenkou@town.nishiizu.shizuoka.jp