かかりつけ医とは?

信頼できる身近なお医者さんのこと。病気の治療をするだけでなく、病気予防のための生活改善アドバイスを含めた健康管理を担ってくれる存在です。

かかりつけ医の役割

  1. 日々の健康管理アドバイザー
    過去の診療データや病歴などから、生活改善アドバイス。
  2. 大病院などとの連携役
    専門、高度医療などが必要になったとき、患者さんに合わせて紹介。
  3. 介護保険にも重要な関わり
    介護認定に必要な意見書を作成。

かかりつけ医を選ぶポイント

受診前

  1. 近隣の医師
    自宅近くなら、治療や日々の健康相談にも便利。
  2. 小規模開業医
    曜日で担当医が変わる心配なし。
  3. 迷ったら内科医
    初期の段階でいろんな病気を総合的にみてもらえる。
  4. 家庭環境に合う医師
    高齢者がいるなら、老人保健施設や老人ホームなどとのつながりのある医師が安心。
  5. 独自に情報収集
    電話帳やインターネットの利用。口コミ情報もありますが、自分にとっていいお医者さんを総合的に考えて。

受診時

  1. 医師の診察姿勢
    訴えをきちんときいてくれますか。質問に対し、納得のいく答えが返ってきますか。
  2. 病気や治療の説明
    丁寧に説明してくれますか。副作用の説明は大丈夫ですか。
  3. 他機関との連携
    他の医療機関との連携など、情報を開示してくれますか。
  4. 相性の良さ
    医師も患者も人間同士。相性のいいお医者さんを選びましょう。

インフォームドコンセントが大切!

インフォームドコンセントとは、医師の説明を患者が理解し、納得した上で治療方法を選択すること。

上手に受診するために

  1. 症状をきちんと伝える
    いつから、どこが、どのように具合悪いのか整理しておく。症状をわざと重く、逆に軽く言ったりしない。
  2. 診察に適した服装
    脱ぎやすい服装。化粧、マニキュア、アクセサリーはしない。
  3. 分からないことは質問
    医師の話す用語、薬、検査などの疑問点は率直に質問する。納得してから治療方針を決める。
  4. 保険証を忘れずに
    忘れると、手続きが面倒になります。また、使用期限は大丈夫ですか。

「自分の身は自分で守る。」という姿勢が一番大切です。治療を医療機関まかせにするのではなく、積極的に参加しましょう。また、医師と相談の上、健康診断も受けて、早期発見、早期治療、そして、予防のための生活改善の指針を知ることも大切です。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課
[昼間]電話:0558-52-1116
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:kenkou@town.nishiizu.shizuoka.jp