在宅サービス

訪問介護(ホームヘルプ)

要介護1~5の人
ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴、排泄、食事などの身体介護や調理、洗濯などの生活援助を行います。通院などの際、乗降の介助を受けられます。
要支援1・2の人
利用者が自力では困難な行為について、同居家族等の支援が受けられない場合には、ホームヘルパーによるサービスが受けられます。

訪問看護

要介護1~5の人
疾患等を抱えている人について、看護師などが居宅を訪問して、療養上の世話や診療の補助を行います。
要支援1・2の人
疾患等を抱えている人について、看護師などが居宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助を行います。

訪問入浴介護

要介護1~5の人
介護職員と看護職員が居宅を訪問し、浴槽を提供しての入浴介護を行います。
要支援1・2の人
介護職員と看護職員が居宅を訪問し、介護予防を目的とした入浴の支援をします。

訪問リハビリテーション

要介護1~5の人
居宅での生活行為を向上させるために、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問によるリハビリテーションを行います。
要支援1・2の人
居宅での生活行為を向上させる訓練が必要な場合に、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問により短期集中的なリハビリテーションを行います。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが居宅を訪問し、療養上の管理や指導を行います。

通所介護(デイサービス)

通所介護施設で、食事、入浴などの日常生活上の支援や、生活行為向上のための支援を日帰りで行います。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や医療機関などで、食事、入浴などの日常生活上の支援や生活行為向上のためのリハビリテーションを日帰りで行います。

短期入所生活介護・療養介護(ショートステイ)

介護老人福祉施設や医療施設などに短期入所して、日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。

福祉用具貸与

日常生活で必要な福祉用具をレンタルする事が出来ます。
※手すり(工事を伴わないもの)、※スロープ(工事を伴わないもの)、※歩行器、※歩行補助つえ、車いす、車いす付属品、特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知器、移動用リフト(つり具を除く)、自動排泄処理装置(要介護4~5の人のみ)】

注)
要介護1及び要支援1・2の人は、※印以外の用具は原則として保険給付の対象となりません。

特定福祉用具購入費

入浴や排せつなどに使用する福祉用具の購入費を1年につき10万円を上限に支給します。

住宅改修費支給

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をした際、20万円を上限に費用を支給します。事前に申請が必要となりますので、住宅改修を希望される方はケアマネージャーに相談してください。

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

食事や排泄などに常時介護が必要で、自宅での介護が困難な場合に入所し、食事や入浴・排泄など日常生活の介護が受けられます。
※新規入所は原則要介護3~5の人が対象です。

介護老人保健施設(老人保健施設)

状態が安定している人が在宅復帰できるよう、リハビリテーションを中心としたケアを行います。

介護療養型医療施設(療養病床等)

急性期の治療を終え、長期の療養を必要とする人のための医療施設です。

地域密着型サービス

定期巡回・随時対応型訪問介護看護(要介護1~5の人)

日中と夜間を通じた複数回の定期訪問と随時の対応で、一体的な介護と看護を受けられます。

看護小規模多機能型居宅介護(要介護1~5の人)

小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせた柔軟なサービスを受けられます。

夜間対応型訪問看護(要介護1~5の人)

夜間でも安心して在宅生活が送れるよう、巡回や通報システムによる夜間専用の訪問介護を受けられます。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(要介護1~5の人)

定員が29人以下の小規模な介護老人福祉施設に入所する人が、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられます。
※新規入所は原則要介護3~5の人が対象です。

地域密着型特定施設入居者生活介護(要介護1~5の人)

有料老人ホームなどの特定施設のうち、定員が29人以下の小規模な介護専用型特定施設に入居する人が、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)(要介護1~5の人)
介護予防認知症対応型共同生活介護(要支援2の人)

認知症の高齢者が、共同生活をする住居で、日常生活上の世話や機能訓練などの介護(予防)サービスを受けられます。

認知症対応型通所介護(要介護1~5の人)
介護予防小規模多機能型居宅介護(要支援1・2の人)

認知症の高齢者が、デイサービスを行う施設などに通い、日常生活上の世話や機能訓練などの介護(予防)サービスを受けられます。

小規模多機能型居宅介護(要介護1~5の人)
介護予防小規模多機能型居宅介護(要支援1・2の人)

通所を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊まりのサービスを組み合わせ、多機能な介護(予防)サービスを受けられます。

地域密着型通所介護(要介護1~5の人)

利用定員が18人以下の小規模な通所介護施設で、日常生活上の世話や機能訓練などを受けられます。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課
[昼間]電話:0558-52-1116
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:kenkou@town.nishiizu.shizuoka.jp