1ヶ月に支払った医療費の自己負担額が次の自己負担限度額を超えた場合、申請をして認められると自己負担限度額を超えた分が高額療養費として払い戻されます。

1ヶ月の自己負担額

所得の区分 外来(個人ごと)
自己負担限度額(月額)
外来+入院
(世帯で入院と通院が複数あったとき)
自己負担限度額(月額)
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% ※1
一般 12,000円 44,400円
低所得者2 8,000円 24,600円
低所得者1 8,000円 15,000円

※1 過去12ヶ月以内に「外来+入院」の自己負担限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円

75歳到達月の自己負担限度額の特例について(平成21年1月1日施行)

これまで、75歳の誕生日を迎えられた方は、誕生月に限り「誕生日以後の後期高齢者医療制度」と「誕生日前の医療保険」の2つの制度に加入することになるため、それぞれの制度の限度額まで医療費をお支払いいただくことがありました。
今後は誕生月に限り、それぞれの制度の限度額を半分にすることにより、負担が増加するという問題が解消されます。なお、75歳到達月の自己負担限度額の特例は、平成20年4月に遡って適用されます。

所得の区分 外来
(個人ごと)
自己負担限度額(月額)
外来+入院
(個人合算)
自己負担限度額(月額)
外来+入院
(世帯合算)
自己負担限度額(月額)
現役並み所得者 22,200円 40,050円+(医療費-133,500円)×1%
(4回目以降は22,200円)
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(4回目以降は44,400円)
一般 6,000円 22,200円 44,400円
低所得者2 4,000円 12,300円 24,600円
低所得者1 4,000円 7,500円 15,000円
※1
個人合算は、個人ごとの入院と外来+入院の額です。
※2
個人合算の1%は、医療費が133,500円を超えた場合、超過額の1%を追加負担
※3
世帯合算の1%は、医療費が267,000円を超えた場合、超過額の1%を追加負担
※4
()内は、過去12ヶ月以内に自己負担限度額を超えた支給が4回以上あった場合の4回目以降の額です
※5
75歳到達月の自己負担限度額の特例は、個人ごとに自己負担限度額を適用し、個人合算で計算を行います。
なお、残る自己負担限度額については、通常の世帯合算で計算を行います。

高額療養費の申請について

高額療養費の申請は、初回のみ必要です。初めて高額療養費に該当された方には、高額療養費の申請に関する文書を通知しますので、必ず高額療養費の申請をしてください。

申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 被保険者名義の振込先口座の通帳
  • 被保険者の印鑑

代理人が申請するときに必要なもの

  • 被保険者本人の被保険者証 
  • 振込先口座の通帳 
  • 被保険者本人の印鑑 
  • 委任状 
  • 代理人の印鑑 

長期にわたり高額な治療が必要な方の医療費

厚生労働大臣が指定する特定疾病(人工腎臓を実施している慢性腎不全、血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症症候群)の場合、「特定疾病療養受領証」の交付申請をしてください。
「特定疾病療受療証」で治療を受けた方は、その病気の治療のために支払う医療費は1ヶ月ひとつの医療機関で入院・通院それぞれ1万円までとなります。なお、申請には治療を受けた医師の証明書が必要です。

高額介護合算療養費

世帯内の後期高齢者医療制度に加入している方が、後期高齢者医療保険と介護保険の両方から給付を受けたとき、1年間の両方の自己負担を合算して、次の自己負担限度額(毎年8月から翌年7月まで)を超えた金額が、申請により高額介護合算療養費として支給されます。
なお、後期高齢者医療保険制度に加入していることが条件のため、同じ世帯の異なる保険に加入している方の支払った金額は合算できません。

所得の区分 自己負担限度額(年額)
現役並み所得者 67万円
一般 56万円
低所得者2 31万円
低所得者1 19万円

後期高齢者医療制度の詳細について

詳しくは静岡県後期高齢者医療広域連合ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課
[昼間]電話:0558-52-1116
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:kenkou@town.nishiizu.shizuoka.jp