堂ヶ島最大の魅力である天窓洞は、白い凝灰岩(安山岩質)からできており、低い半島状をなしていて、その地下は蜂の巣のように海蝕トンネルがあけられている。この洞の入口は、外洋(駿河湾に面して)二門(南口と西口)、さらに一つの入口(東口)が山の手側の国道に向かって開き、そこに小さな浜(礫)をつくっている。洞の内部は大体左右こ本の横穴に分けられ、このこ本が又井の字状に連結され、すべて満々たる海水をたたえている。右方の洞窟は幅も広く、長さ147メートルに達し、中央は天井が丸く抜け落ち天窓をなし、洞内を明るくしているため船が自由に航行できる。また、この洞内には鎌倉洞と呼ばれる穴があり、伝説によれば、この洞は鎌倉まで続いていると言われている。頼朝が追手に追われた時、丁度干潮でこの穴に隠れた。この様子を見た蜘蛛がその入口に巣を張ったため、追手はこの穴に人の隠れた様子なしとみて、頼朝は難を逃れ、そして急遽鎌倉宛の密書をしたため、底しれぬ洞の奥に向かって投げ入れたと伝えられている。今でもこの洞は、頼朝公の伝説を秘めたまま夜光虫の栖となっている。

昔から、この堂ヶ島を多くの人々が訪れているが、次の短歌も、昭和10年の早春、与謝野鉄幹・晶子夫妻が堂ヶ島を訪れた際に詠まれたものである。

島の洞 御堂に似たりて 舟にして 友の法師よ 参れ心経

鉄幹

堂ヶ島 天窓洞の 天窓を 光りてくだる 春の雨かな

晶子

この堂ヶ島を探勝するには、何といっても遊覧船で海上から見るのが一番。この遊覧船のコースには、20分のコースがあり、年間を通じて頻繁に出航している。

交通

堂ヶ島バス停から徒歩1分。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり課観光係
[昼間]電話:0558-52-1114(直通)
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:kankou@town.nishiizu.shizuoka.jp