円成寺の(国道をへだてた)北側、ウバメガシが繁茂している岩場の山を岩殿山という。この山頂の南面に岩場をえぐったような天然の洞窟がある。大きさは間口15メートル位、奥行5メートル、高さ2~2.5メートル。

この中に祠があり、三体の石像及び朽ちた木彫りの神体の一部が祀ってある。この石像が白山神社の不動明王なのである(清多迦童子)。又、男根形の賽の神もここに祀られている。白山神社の開帳は32年目、中開帳は16年毎でかつてはなかなか盛んなものであった。

交通

円戌寺バス停から徒歩3分。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり課観光係
[昼間]電話:0558-52-1114(直通)
[夜間・土日祝祭日]電話:0558-52-1111(代表)
Mail:kankou@town.nishiizu.shizuoka.jp