8月9日(水曜日)、地元の小学生及び保護者を対象に、サンマ漁船(豊幸丸)の見学会が開催されました。

 かつて、安良里のサンマ漁船は、最盛期の昭和30年代には20隻以上が操業していましたが、徐々に減少し、現在では静岡県下で安良里の豊幸丸1隻のみ残っている状況です。

 船頭さんからサンマ漁の講話を聞き、普段めったに見ることができない船内や魚群探知機、レーダーによる水温図に興味津々な子ども達。最後には、次々と色の変わる集魚灯が灯されると、魚ではなく子ども達が集まっていました。

 豊幸丸は8月16日(水曜日)に北海道沖合いに向けて出港します。

 

このページに関するお問い合わせ

まちづくり課企画調整係 Tel:0558-52-1966
E-Mail:kikaku@town.nishiizu.shizuoka.jp