平成31年2月13日、寄附金の使い道を明確にしたふるさと納税(クラウドファンディング)の資金で購入したクロアワビ2万個を、漁協、漁業者、ダイバーの皆様の協力により放流しました。
 近年は、全国的にアワビの不漁が続いています。今回放流したアワビを大切に育て、再びふるさと納税のお礼の品として皆様の元にお届けできることを関係者一同願っております。
 稚魚・稚貝放流事業は、効果検証のためにも継続事業として実施してまりますので、今後もご支援をお願いいたします。なお、ヒラメの放流は5月を予定しています。